派遣社員と聞いたときの世間一般のイメージ

世間では派遣社員のイメージについてあまり良いものではないようです。

正社員では契約期間がなく定年までの雇用が見込まれることや、月額の給与以外に賞与の支給がなされる場合もありますので、多くの人にとっては安定した働き方ができる正社員での雇用が理想であると考えるものです。

派遣社員と聞くと、安定した雇用が難しいという印象がありますが、それは印象だけでなく実際にも言えることです。
派遣として同じ職場で勤務を続けることは法律で禁止されています。

平成27年の派遣法改正によってこのルールは違うものになりましたが、具体的に以下の通りです。
これまでは同じ会社の同じ部署やポストに継続して働くことができる期間は1年間と決められていました。しかし労働組合など職場の過半数の意見によって当該派遣社員をこの1年を超えて勤務させることに同意が認められたときはさらに2年、合計3年間の勤務が可能となる仕組みでした。

改正後は、これが部署やポスト単位ではなく、人について抵触日の設定がなされるようになりました。
つまり、受け入れ先の職場としては最大の3年を過ぎた時点で人を入れ替えれば派遣を永久的に受け入れることができると言うことです。
しかし働く側の人間は抵触日を迎えたあとは別の部署や企業へ移動するか、受け入れ先が見つからないときには失業状態となることから免れません。

このように雇用の不安定さは明らかですが、中には派遣としての契約期間が過ぎたあとは自社社員として直雇用をする企業もあります。これは紹介予定派遣と呼ばれるスタイルですが、これは正社員として雇用すべきかどうかの見極め期間としては賢い選択だとも言えます。働く側としても大手企業へ就職できるチャンスとなることもあるのです。

■就職・転職で派遣社員を視野に入れた際、プログラマーは入っていますか?
プログラマー 求人