博士号を持つシステムエンジニアが技術派遣

一般的に、大学院で博士号を取得した場合は教授を目指したり、研究機関で働いたりすることが多いです。しかし、それ以外にも力を発揮する働き方があります。例えば、大学院で情報系の研究を行っていた人は、あらゆるシステムに精通しています。インフラ系の大規模なシステムも独力で構築できる力を持っていることも珍しくありません。つまり、一流のシステムエンジニアになるスキルを持っているのです。そのため、システムエンジニアとして、どのような働き方をしても成果を出せることが多いです。一企業の中で大規模な主幹システムを構築するケースもあります。そのような働き方は、企業に就職した博士課程の修了者の働き方としては一般的であるといえます。
しかし、いろいろな企業に派遣されて、多くのシステムを担当する働き方もあります。事務などの派遣社員と違い、高い専門技術を持っていることを評価されて派遣されるため、報酬は非常に高いです。自社にシステムエンジニアがいる場合でも、より高い技術者にサポートしてもらうために、技術派遣を依頼する企業は少なくないのです。また、自社のシステムエンジニアだけでは解決できない大きな課題がある場合にも、技術派遣に頼る企業は多いです。このように高い技術を有している派遣は非常に需要が高いのです。
また、派遣される側からしても、多くの企業で働けることにメリットがあります。多様な経験を積むことでり、知識を増やせるのです。そのため、スキルアップしたい人はあえてそのような働き方をする人もいます。このように博士課程を修了したからといって、大学や研究機関で働くとは限りません。いろいろな企業で働いて実力を発揮している人も大勢いるのです。