実際の派遣社員の生き方いろいろ

派遣社員という雇用形態は働く期間が決まっており、契約更新と同時に仕事を継続する事が出来ます。一方で雇用側が期間満了としてしまえば雇用契約は終わってしまう不安定なもので一生働くには不安がつきものでもあります。
しかし、良いところとは自分の希望に添った仕事を選べるという事です。勤務時間や勤務地、やりたい業種や職種まで条件を派遣会社に伝えればそれに見合ったお仕事情報を紹介してくれるメリットがあります。自分らしく生きたいという人は会社人間にどっぷり浸かりたくなくて、プライベートと両立できる条件で派遣社員をしている人もいます。また、一流企業に就職したいけども到底自分の力で正社員は難しいという人も派遣社員として募集している事から応募して働くという人もいます。
また、他にもスキルアップという場で利用している人もいます。特に事務職においてはパートなどの非正規で雇う企業が多い中、正社員として経験を積めにくい女性が敢えて派遣社員の事務という道を選択して未経験から経理職にチャレンジして事務経験をつけて次の職に活かすという人もいます。いきなり未経験で事務職の転職は経験者を優遇する企業も多いのでまずは経験をつけたいという人が派遣の道を選ぶという人もいます。
最後に、新卒でうまく正社員として就職できなかった場合にとりあえず働く事を目標に非正規として働いた結果、ずっとその道を歩き続けているという人もいます。転職においても正社員として働いた経験がない為に不利に感じる人もおり、正社員にチャレンジできないまま今の雇用形態を続けているという人もいます。最近では紹介予定派遣という、一定期間は派遣という働き方ですが、双方合意の上、正社員に登用できる制度もあるので仕事のアンマッチを無くす為にも雇用形態のメリットの部分を活用する企業が増えています。